人身事故で示談交渉

未分類 0 Comments

人身事故に遭い、怪我を負ってしまったときは、示談交渉を行う必要が出てきます。示談交渉では、怪我の治療費や今後出てくる可能性のある障害に対し、治療費や慰謝料を示談金として支払うことで、裁判を起こさずに解決するという契約を結ぶことを目標として交渉を行います。こちらが臨む示談金を得られるように、こちらが有利となる証拠などを集めておきたいところですが、加害者側も、こちらに不利な条件で契約を結ぶように動くので、そうならないように準備をしておきましょう。

示談交渉において最も大切なことは、慌てて契約を結ばないことです。示談交渉を行うまでの間に、治療が終わったからと治療費の支払いを差し止めたり、怪我が治っていないうちに交渉を行おうとするなど、加害者が利用している保険会社によっては、こちらの体勢が整っていないうちに契約を済ませようとします。特に個人では法律の知識が無い分、圧倒的に不利な状況に立たされているので、交渉をあちらのペースで進めさせないように、弁護士に相談することが大切です。

弁護士に相談すれば、こちらに有利な状況を作ってくれます。事故の様子や怪我の様態などを元に、過去の事例から適切な示談金を計算した上で交渉を行うので、予定より多少金額が下がったとしても、相手の条件よりは好条件で契約を結べるでしょう。裁判になることもありますが、相手としても弁護士を雇う費用などを抑えるために、示談に応じることのほうが多いので、基本は示談交渉を行うために弁護士を雇うと考えてください。