事前準備もしっかりと

未分類 0 Comments

人身事故の被害に遭い、治療費や損害賠償を請求したいときは、まず加害者と示談交渉を行うことになります。いきなり裁判に発展するケースは少なく、加害者側も裁判は避けたいと考える方が多いので、弁護士の力も借りて、より多くの示談金を引き出すようにしましょう。示談金を少しでも多く得るには、事前に色々な準備をしておくことが重要なので、事故に遭ったときのためにいくつか重要なポイントを覚えておきましょう。

まず重要なのが、加害者の身元をはっきり特定することです。事故に遭った後逃げられてしまうと、どうすることも出来なくなるので、車のナンバー連絡先など身分を証明するものを可能な限り控えておきましょう。事故直後は体に異常が無くても、後から怪我が見つかることもあるので、必ず警察には届け出を出しておいて、その場での交渉は絶対に避けるようにしてください。
交通事故の示談金交渉の際は、なるべく早めに弁護士に連絡しておきましょう。初めて弁護士事務所に相談に行く際は、事故に関する詳しい情報など、相談する際に必要なものを電話で確認しておくと、時間が制限されている初回の無料相談をより有効活用できます。弁護士に相談すれば、それだけ多くの示談金を受け取れますが、弁護士費用がどうしてもかかってしまうので、少しでも準備の効率を上げて、弁護士費用を節約するようにしましょう。

関連サイト・・・交通事故被害の弁護士費用