未分類 0 Comments

人身事故の被害に遭い、治療費や損害賠償を請求したいときは、まず加害者と示談交渉を行うことになります。いきなり裁判に発展するケースは少なく、加害者側も裁判は避けたいと考える方が多いので、弁護士の力も借りて、より多くの示談金を引き出すようにしましょう。示談金を少しでも多く得るには、事前に色々な準備をしておくことが重要なので、事故に遭ったときのためにいくつか重要なポイントを覚えておきましょう。

まず重要なのが、加害者の身元をはっきり特定することです。事故に遭った後逃げられてしまうと、どうすることも出来なくなるので、車のナンバーや連絡先など身分を証明するものを可能な限り控えておきましょう。事故直後は体に異常が無くても、後から怪我が見つかることもあるので、必ず警察には届け出を出しておいて、その場での交渉は絶対に避けるようにしてください。

交通事故の示談金交渉の際は、なるべく早めに弁護士に連絡しておきましょう。初めて弁護士事務所に相談に行く際は、事故に関する詳しい情報など、相談する際に必要なものを電話で確認しておくと、時間が制限されている初回の無料相談をより有効活用できます。弁護士に相談すれば、それだけ多くの示談金を受け取れますが、弁護士費用がどうしてもかかってしまうので、少しでも準備の効率を上げて、弁護士費用を節約するようにしましょう。

未分類 0 Comments

人身事故の示談においては、現時点で発生している損害はもちろん、これから先起こりえる損害についても補填しておく必要があります。加害者が雇った保険会社の大半は、現時点での治療費だけを示談金として支払おうとする動きが強いので、将来のことも考えた契約内容にしないと、将来仕事が出来なくなって収入が減ったり、後遺症の治療のために長年通院が必要になるなど、今以上に大きな損失が発生しても、それを補填することが出来なくなってしまいます。

人身事故の損害を補填するためには、弁護士などの専門家の力を借りて、どの程度の示談金が適切か調べてもらう必要があります。例えば現時点の入院費や治療費も、加害者側は早く打ち切って損失を抑えようとするので、入通院期間が長くなると、治療費の支払いを打ち切って示談交渉に入ろうとします。当然それでは損失が増えるので、交渉は断り、治療に専念するようにしましょう。そうした交渉の断りを入れるのも、弁護士に代行してもらうことが可能です。

様々な法律や過去の事例を下に、交通事故の規模に合わせた示談金を計算してくれる弁護士のサポートがあります。過失の割合を調べたり、弁護士基準を基にしてさらに損害の補填額を引きあげたりと、色々な手段が他にもたくさんあるので、弁護士に相談して、どうやって示談金を引き上げるのか説明してもらいましょう。

未分類 0 Comments

人身事故に遭い、怪我を負ってしまったときは、示談交渉を行う必要が出てきます。示談交渉では、怪我の治療費や今後出てくる可能性のある障害に対し、治療費や慰謝料を示談金として支払うことで、裁判を起こさずに解決するという契約を結ぶことを目標として交渉を行います。こちらが臨む示談金を得られるように、こちらが有利となる証拠などを集めておきたいところですが、加害者側も、こちらに不利な条件で契約を結ぶように動くので、そうならないように準備をしておきましょう。

示談交渉において最も大切なことは、慌てて契約を結ばないことです。示談交渉を行うまでの間に、治療が終わったからと治療費の支払いを差し止めたり、怪我が治っていないうちに交渉を行おうとするなど、加害者が利用している保険会社によっては、こちらの体勢が整っていないうちに契約を済ませようとします。特に個人では法律の知識が無い分、圧倒的に不利な状況に立たされているので、交渉をあちらのペースで進めさせないように、弁護士に相談することが大切です。

弁護士に相談すれば、こちらに有利な状況を作ってくれます。事故の様子や怪我の様態などを元に、過去の事例から適切な示談金を計算した上で交渉を行うので、予定より多少金額が下がったとしても、相手の条件よりは好条件で契約を結べるでしょう。裁判になることもありますが、相手としても弁護士を雇う費用などを抑えるために、示談に応じることのほうが多いので、基本は示談交渉を行うために弁護士を雇うと考えてください。